アトピーの治療法

アトピー治療法|ステロイドを使わない治し方

肌は色々な部分が荒れてしまいますが唇の肌あれは目につきやすく、又、食事などにより他の肌よりも外部の刺激を受けやすいのでなかなか直らない場合があります。

 

そこで唇の肌荒れに対する改善方法を紹介していきます。

 

唇は他の肌と違い、皮脂腺が少なく角質層も薄いので乾燥がしやすい部分なのです。唇の乾燥は肌の乾燥と同じ様に体調や生活習慣に大きく関係しておこります。

 

なかなか落ちないタイプの口紅や、リップグロスは、その分唇には刺激が強いので、荒れている場合はなるべく使用しない様にした方が良いと思います。

 

乾燥してカサカサした唇をリップグロスで潤っている様に隠そうとしても、後から余計に荒れてしまうこともよくあることでしょう。

 

敏感肌用の口紅を使用する場合ではリップクリームを塗って保湿した上から塗っていっても大丈夫な様です。口紅を落とす場合には、専用リムーバーを使用したり、ティッシュでこすって落としたりせず、クリームタイプのクレンジング料で、クレンジングしていきましょう。

 

口紅が落ちにくい場合にはコットンにオリーブオイルを含ませ、唇の上に1分間くらい置いて、その後クレンジングをしていくと落ちやすい様です。

 

唇が荒れてしまった場合には、当然のことながらこすったり、なめたりするのは余計に悪化の原因になってしまいます。そんな時は、ワセリンとハチミツを半々に混ぜたものを作り、唇に塗って上からラップでおおってみましょう。即席のリップパックができます。